2008年12月21日 (日)

髪塚碑

さいたま市見沼区大和田町1丁目小林家の分家の墓地に髪塚碑がある。
今はこの家は絶えてしまったが、見沼田圃を見下ろす地に墓地がのこさ
れている。その中にこの髪塚碑がある。

 081221_020

 

   不肖安儀之父曰小林一甫安儀其
   第四子初志于醫弱冠遊于江都受
   業鹽陳菴先生文政十年丁亥四月(1827)
   為上田醫員伊藤氏嗣是歳五月先
 髪 子小林君嬰病卒不肖何堪慟哭仍
   幸有母存焉足以慰哀慕之情已其
   後天保二年己丑七月廿八日吾母(1831)
   亦嬰病卒嗟夫生也既缺膝下色養
 冢 病也又不得日待湯藥哀嘆何可言
   先是不肖従俗圓其頂矣遂以其髪
   埋之於先兆之側聊寓侍養之意庶
   乎足以慰先考先妣之靈云弘化五
   年歳在戊申春三月      (1848)
       上田 伊藤安儀自記

*小林一甫四男伊藤安儀が自分の髪を埋めた髪塚の碑
*鹽陳菴=塩田陳庵、明和四年(1767)生まれ。
 江戸で名医として名高かった。
*天保二己丑となっているが、天保二年は辛卯、己丑
 は文政十二年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

馬頭観音

あの像は何だと聞かれたので出かけてみた。
南中野の十王尊の前の道を少し行って大谷に入ってすぐの所にあった。
すっかり摩滅・剥離し、文字も見えず、よくはわからないが、馬頭観音のように思えた。
裏の家で聞いたら馬頭観音と伝えられているとのこと。垣根を直す時に土を盛り上げて高くしたという。かつては道路の反対側にもあったという。

馬頭観音 さいたま市見沼区大谷119

 081212008w

 081212013w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵菩薩立像

大宮の教育史調査概報Ⅱ『大宮の石造物(1)-東部地域編-』の大和田村のところに、「安永9(1780) 地蔵 路傍 川本」と載っている。どこにあるのか分からなかったが、偶然見つかった。シダックスの裏側で、なんだこんなところにあったのか、というような今まで見つけられなかったのが不思議というようなところにあった。川本という字にとらわれていたためだろう。

地蔵菩薩立像 さいたま市見沼区大和田町1-1492-2河本氏宅裏

(基礎正面) 安永九庚子天(1780)
       春芳容顔禅定尼
        三月十五日

(基礎左面) 川本
           はる

  081212003w

  081212006w
      禅定の下の字は尼の異体字

  081209005w 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

妙法庚申塔

自転車で丸ヶ崎を通っていたら、「妙法 庚申塔」と書かれた庚申塔があった。
さいたま市見沼区丸ヶ崎1231番地の道端に草に埋もれて、ほぼ西北西向きに建っている。
高さ67㎝、幅40㎝、厚さは下部で6㎝、上部にゆくほど薄くなっている。
正面には、
      大三十番神
   妙法 庚申塔 
      大月日番神
裏面には、
                  行者大熊慧樹
   昭和十二年八月廿一日
                  施主大熊梁作
とある。日蓮宗系の庚申塔で、三十番神というのは、ここでは法華経を守護する日ごとの神、30の神を意味している。
日蓮宗系のこのような庚申塔は、さいたま市では珍しい。

  070726_023

  070726_029

   070726_030

  070726_031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

西谷村庚申塔

足立郡西谷村(さいたま市北区日進町3丁目)には、庚申塔が2基ある。

1基は明和元年(1764)の青面金剛像であるが、もう1基は下記のものである。尊像は何であろうか。お教えいただきたい。

 070620076p


 庚申塔
  光背型・浮彫

   日輪・月輪

   〔    〕・頭頂に蛇?・六臂

    合掌・宝輪・弓・三叉鉾・矢

   二鶏

   邪鬼

  三猿

 (光背部右側)

  奉造立庚申供養…

 (光背部左側)

   元禄十四辛巳二月十四日(1701)

 (三猿下部)

   武州足…

   西谷村
   遍□元秀院  ?

   善進浄閑
   
願主九人
 (基礎正面)
   斉藤傳兵衛  ?
   高橋仁兵衛  ?
   斉藤三良兵衛 ?
   高橋久兵衛  ?
   斉藤長兵衛  ?
   遠藤文左衛門 ?
   高橋三郎右衛門?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

石造閻魔大王像、司命像、司録像

さいたま市北区日進町3丁目(旧足立郡西谷村)の阿弥陀堂墓地に、石造の閻魔大王像、司命像、司録像がある。

台石正面に、
    奉造立焔魔
    
法王司命司
    録三界万霊
    有縁無縁為
    平等利益也

    正徳二壬辰天 (1712)
    霜月十六日
     施主
    善心淨閑比丘 

    高橋善右衛門
    同   内儀?
とある。

  070620001p

さいたま市には他に、大宮区の四恩寺にある、土手の阿弥陀堂に石造閻魔大王像があるが、極めて珍しい。

  050321003p
  (土手の阿弥陀堂)
   

また、西谷阿弥陀堂墓地には、この閻魔大王像と向き合って、同年に同じ善心淨閑が建てた地蔵像がある。

敷茄子に、

  願主
    善心淨閑
    正徳二壬辰年(1712)
   奉造立地藏尊
    七月吉日
    西谷村惣施主
    為後生菩提也
    外江戸おひめ
とある。

   070615007p_1

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)