« 大宮郷土史研究会講演会 | トップページ | 大和田 鉄道引込線 »

2010年10月17日 (日)

防風用土塁

見沼周辺の台地上には、防風林に囲まれた家もまだ点在しているが、防風用の土塁に囲まれた家も何軒か残っている。
大和田の陣屋跡といわれている所に2軒(実は陣屋跡ではないと思われる)、土呂に2軒確認している。
その1軒、「どうろくじん(道陸神)」という屋号で呼ばれている家は、長屋門風の倉庫のある立派な家だが、西側と北側の一部にきれいに土塁が残っている。
土塁上に生えた木が倒れると危ないというので、現在木を伐採しているが、土塁も一部取り除くようである。まことに残念であるが、住んでいる方の立場にたつとやむを得ないのかもしれない。

101017020w_2

101017014w_2

101017002w

101017004w
 北側と西側のコーナー(内側からの写真)

 写真は平成22年10月17日撮影

|

« 大宮郷土史研究会講演会 | トップページ | 大和田 鉄道引込線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/49768653

この記事へのトラックバック一覧です: 防風用土塁:

« 大宮郷土史研究会講演会 | トップページ | 大和田 鉄道引込線 »