« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

鳩ヶ谷・船津家

川口から日光御成道を上り、鳩ヶ谷台地への坂を上がった所に洋館がある。
昭和7年建設という旧船津眼科医院の建物である。かなり以前から診療は行っていない。
内部を見せてもらった。

 0808027_003
       旧 船津眼科医院外観

 0808027_009
           待合室

 0808027_010
           診療室

 0808027_012
         2階への階段

 0808027_011
            病室

 Yokoyamataikan
   「法眼長輝」大観酤古とある。横山大観か。
   (船津家のために書かれたように思える)

建立当時の面影を良く残している。昭和初年、鳩ヶ谷では洋館がいくつか建てられ、街の景観が大きく変った。当時の洋館はほとんど残っておらず、歴史的建造物として、保存が望まれる。
すぐ前には、不二道の開祖・小谷三志の末裔がやっている、うなぎ割烹湊家がある。

 0808027_004
  Minatoya_hashiire_2

鳩ヶ谷は近年まで鉄道が通っておらず、そのため日光御成道の雰囲気がよく残っている。

  0808027_006
         北西本店(酒屋)
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

氷川神社幟

神社の幟は祭礼等の時しか見られない。
氷川神社では8月1日、2日に掲げられた。

 080802_012

 向って右側の幟には、
 「武蔵國一宮 昭和三十七年八月 吉敷氏子中」とある。 

 080802_015

 左側の幟には、
 「武蔵國一宮 氷川神社宮司 東角井光臣謹書」
 印は「部物」「臣光」である。(「物部」「光臣」) 

 080802_031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

氷川神社神幸祭

武蔵一宮氷川神社では、8月1日の例大祭に続き、8月2日に神幸祭が行われた。
午後3時、本殿で神霊を神輿に遷し渡御

  080802_048

  080802_054
  輿丁(担ぎ手)は、旧神領地と忌垣(いがき)の
  内の大成、東大成、上落合、新開、土手、
  堀の内の6町内氏子と氏子青年団の人々。

  神池の水で清めた神橋に神輿を安置し橋上
  祭を執行

  080802_065

  宮司が神輿の扉を開け、神饌を供す。

  080802_076
  神饌は、小麦飯三台、直酒・塩・水、餅、鱚(きす)、
  鯉、鶏、海菜、野菜、果物、それに6町内から
  奉納の餅大小一組六台
  *直酒(なおし)は焼酎に味醂を混ぜた酒  

  宮司が祝詞を奏上し、神楽を奏す。

  080802_079

  玉串を奉って拝礼、宮司神輿の扉を閉じる。
  直会(なおらい・忌を解き、通常の状態に直す
  ため神職と参列員が直酒と小麦飯を戴く)の
  後、三の鳥居の内側、神池の東を周り本殿
  に還幸。

  080802_083

  080802_090

  神輿から本殿への遷霊の儀が行われ、この
  間は拝殿の扉は閉められている。

  080802_096

 この解説は氷川神社発行の神幸祭の資料を
 基にした。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »