« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月 1日 (木)

中山道浦和宿 3

○本陣跡

    浦和宿本陣は代々星野権兵衛家が勤めた。星野家は豊臣

 秀吉の小田原攻めの時、岩付城を攻撃する浅野長吉らの道

 案内をしたと伝えられている。

  問屋、名主兼帯。間口24間、敷地約222坪。
   
明治元年及び3年の明治天皇氷川神社行幸に際し、行在

 所にあてられ、宿泊された。

  本陣表門…星野家衰退後、緑区大間木の大熊家に移築現

 存。薬医門。総欅造り、桟瓦葺。棟の鬼瓦に星野家の紋で

 ある「細川九曜」が付けられている。

 
   
脇本陣は上町に2軒、下町に1軒あった。上町のものは、

 本陣隣の星野三左衛門家が角本陣、三左衛門家向かい側の

 星野新助家が東本陣と称された。

 
  「明治天皇行在所阯」碑
 (裏面)明治天皇行在所阯
            
従二位勲二等侯爵大久保利武題表
       
畏クモ 明治天皇明治元年十月十三日帝都ヲ東京ニ

    奠メサセ給フヤ同月十七日神祇崇敬ノ勅書ヲ下シ給

    ヒ武蔵大宮駅氷川神社ヲ當國ノ鎮守ト為シ親幸シテ

    之ヲ祭ルコトヲ宣リ給ヒ同月二十七日行幸御参拝遊

    ハサルヘキ旨仰出サレ同日皇居御出門大納言徳大寺

    実則参與大久保利通以下扈従シ奉リ天機御麗シク浦

    和宿行在所本陣星野権兵衛方ニ入ラセ給ヒ翌二十八

    日行在所御発輦氷川神社御親拝畢リテ行在所ニ還御

    翌二十九日東京ニ還幸アラセ給フ明治三年閏十月二

    十八日重ネテ氷川神社ニ行幸御参拝仰出サレ後二十

    九日ニ御変更アラセラル御休泊割等明治元年行幸ノ

    御砌ト同シク翌十一月朔日行在所御発輦氷川神社御

    親拝畢リテ行在所ニ入ラセラレ翌二日還幸アラセ給

    フ茲ニ光輝アル紀元二千六百年ニ當リ舊記ヲ案シ行

    在所阯ニ碑ヲ建テ以テ永遠ニ御聖徳ヲ欽仰シ奉ル
            
昭和十五年十一月十日
                         
埼玉縣浦和市長相川宗次郎
                         
浦和商業學校教諭清田俊平謹書

    080406_068

○市場通り
 
(説明版) 市場通り
   
この通りの北側にある慈恵稲荷の社頭で、戦国時代以来、

  昭和の初めまで、毎月二・七の日に市が開かれました。

  そこでは、農産物や各種の生活必需品が取引されました。

  現在もそのなごりとして、市神様と市場定杭があります。

  これにちなみ、昭和55年9月に当時の歴史をしのぶた

  め「市場通り」の愛称がつけられました。
                              
浦和市  平成6年3月

    080406_022_2


    080406_019

   

○ニ・七市場跡
    六斎市(月6回定期市が開かれる市)
  
蕨一六、浦和二七、鳩ヶ谷三八、与野四九、大宮五十
   
浦和の市場は、上市場、中市場、下市場に分かれていた。
   
   
定杭
   
(正面)  御免 毎月二七 市場定杭
   
(右側面) 天正十八年七月日(1590)
   
(裏面)  足立郡之内 浦和宿

    (参考) 浅野長吉禁制
                         
浦和市
               
禁制
             
一喧嘩口論之事
             
一押売押買狼藉之事
             
一町人諸役 付国質郷質之事
                  
右如先々市相立可商売者也
               
天正拾八年七月日 弾正少弼(花押)

  市神石祠 石製一間社流造り
   
新井丑太郎翁遺芳之碑

    080406_029

    080416_040

○慈恵稲荷神社
    標石 (正面)慈恵稲荷神社
         
(裏面)大正十四年三月

   
庚申塔文字塔
         
(正面)  庚申塔(上部に日月と富士山)
         
(右側面) 富士山
                  
  大 山 道
                  
  引 又
         
(基礎)  天保十三壬寅年 九月吉日(1842)

        080406_054

    080406_053_2


  手水鉢
         
(左側面) 星野権兵衛、星野新助、星野三左エ

           門、油屋源助、升屋銀蔵、升屋與吉、

           山田屋彦兵衛、菱屋文蔵、大黒屋千

           吉
         
(右側面) 足立屋與左エ門、今福屋平兵衛、鍵

           屋清左エ門、江戸屋甚左エ門、中村

           屋重蔵、鯉屋甚五郎、八百屋金右衛

           門、松屋彌左エ門、菱屋助四
         
(裏面)  文政四辛巳年十月吉日(1821)
                     
石工 卯右衛門

        080416_049

○成就院
   
真言宗豊山派、元は玉蔵院末、本尊阿弥陀如来
 
 弘法大師霊場 足立八十八ヶ所之内 第八十七番
 
 奉造立庚申供養塔 元禄九丙子天 三月廿四日(1696)
 
 六地藏石幢 元禄七甲戌天 霜月五日(1694)

        080406_040

○伊勢屋酒店
 
「せがい造り」(船を漕ぐために外に張り出した台のよう

 に、梁が張り出して屋根を支える形式)
  
作家石井桃子氏(明治40年3月10日~平成20年4

 月2日)は浦和に生れ、幼時を伊勢屋の斜め向かいで過ご

 した。『幼ものがたり』に当時の浦和の様子が描かれてい

 る。

       080416_056

       080416_060   

○一里塚跡
  
現在の浦和橋手前両側に一里塚があり、榎が植えられて

 いた。

○笹岡稲荷神社

       080406_045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »