« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月 7日 (月)

七草

今日は五節句の一つ、人日の節句。一般には七草粥で知られる。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ 春の七草

  080106_031

本来は旧暦の1月7日。今現実的に手に入るのは、すずな(蕪)とすずしろ(大根)位か。
「君がため春の野に出て若菜摘む わが衣手に雪はふりつつ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

谷中七福神巡り

今日は大宮郷土史研究会の「谷中七福神巡り」に参加した。
大宮駅9:00集合、京浜東北線で田端駅に行き歩き始めた。
最初は北区田端東覚寺の福禄寿。ご利益は人望だそうだ。
 080106004  080106002w

次は荒川区西日暮里青雲寺の恵比寿。ご利益は正直
 080106011w

荒川区西日暮里修性院の布袋尊。大きい。ご利益は大量
 080106022 080106020w

途中竹かごの翠屋(みどりや)を覘き、夕やけだんだんを登り、朝倉彫塑館前を通り
 080106024  080106026

台東区谷中長安寺の寿老人。ご利益は長寿
 080106_029_2
この長安寺本堂中央上部壁面には、3代伊豆長八の鳳凰の鏝絵(こてで盛り上げたしっくいの絵)や狩野芳崖墓などがある。
 080106030

谷中墓地を通り、昭和37年に焼失した五重塔の礎石を見て
 080106032_2 

台東区谷中天王寺の毘沙門天。ご利益は威光
 080106_037  080106036

再び谷中墓地を通り、台東区上野公園護国院の大黒天。ご利益は富財
 080106042w  

最後は台東区上野公園不忍池弁天堂の弁財天。ご利益は愛敬
 080106_047  080106045w

 Shuinn1 Shuinn2_2

13:30ころ解散。有志で伊豆榮に行き、三河一色の鰻を食し帰宅した。
さてご利益の程は

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

初詣 3

今日は、大宮・氷川神社へ初詣。
電車でさいたま新都心駅まで行き、そこから歩く。
一の鳥居附近はさすがに参拝者はほとんどいない。おそらく元旦にはここに幟が立ったであろうが今日はない。一の鳥居から先は一車線の一方通行路となったので車も少ない。これは大きな改革。車は一切通行禁止になれば更によいが。
 080103_002  080103_003
        一の鳥居           是より宮まで十八丁

ニの鳥居からは参道両側に出店が並び、押すな押すなの人。名物氷川だんごの店も大繁盛。
 080103_005  080103_006
    ニの鳥居           氷川だんご店

三の鳥居の手前からは参拝者の規制。並んで待つ。
 080103_007 080103_011

拝殿前も人数制限の結果混乱なく参拝できた。
 080103_012

家まで歩いて帰る。静かな落ち着いた1日だった。
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

雑煮

雑煮は地方によって、また各家によってまちまちである。
我が家は元旦は里芋の味噌汁に角餅である。これは父の実家の千葉県富津市富津の風習のようである。

 080101002

海苔と鰹節をかけてある。海苔は本来はもっと細かく切る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣 2

大和田では、鷲神社、大和田天神、不動堂の3ヶ所にお参りするという方がかなりいます。
私もこの3ヶ所に初参りしました。

大和田天神は2丁目の天神山にあります。祭神はもちろん菅原道真公
今日は幟が立っていました。
明治33年(1900)に、土呂の川嶋半川(満佐)が書かれたものです。
右側のは、「天神養黎民」ですが、左側の「○○潤福澤」の○は何と書かれているのか読めません。教えてください。

 080101014_2  080101024

 080101019    080101018

1丁目の自治会館脇にある不動堂には、かつての真福寺の本尊不動明王が納められています。
今日は門松が立てられていました。

 080101028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

あけましておめでとうございます。
除夜の鐘を遠くに聞きながら家を出、午前0時丁度に近くの鷲神社に詣でました。鷲神社は旧村社で、大和田の住民にとっては特別な神社です。本来は
天穂日命を祀っていたのですが、明治40年に村の各所の神社を合祀したので、現在は軻遇突智命、火産霊命、須佐之男尊、菅原道真公、倉稲魂命、高皇産霊神、面足命 惶根命、保食命も祀っています。
次々に初詣の人が訪れ、社殿の前に行列ができました。詣でた後お神酒と甘酒をいただきました。
廃仏毀釈と神社合祀によって日本人の心から宗教心が失われてしまいましたが、近年若い人々も神社や寺に積極的に詣でるようになり、少しずつ変わってきたかなと思っています。
古来からの伝統を守っていきたいものです。

 080101009

(写真は10:30頃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »