« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

清崎敏郎句碑

さいたま市市民の森に、清崎敏郎氏の句碑がある。

   用水の 俤ここに 夏木陰  敏郎

側に解説の石碑がある。

      見沼用水と句碑
 ここ市民の森入口附近を土呂河岸と云ひ、古の見沼用
水舟着場の跡である。当時物資は見沼の通船により運ば
れ 江戸から上州野州までも遡ったと云う。今に河岸の
家と呼ばれている家がある。
 このあたり、源氏蛍が光を消して久しい。又 灯篭流
しの一夜が過ぎると、用水の秋は深まる。
  用水の 俤(おもかげ)こゝに 夏木陰  敏郎

 清崎敏郎先生が市民の森清遊の折、詠われた佳吟を
今度許されて句碑に刻み、当クラブ十五周年記念事業の
一つとして之を建てた。
 享保年間開通以来の、見沼の歴史とその俤を しのぶ
よすがとなれば幸である。
 先生は大正十一年東京生れ。慶応大学国文学科卒。
慶応大学講師。俳句を高浜虚子、富安風生に学ぶ。ホト
トギス同人。風生後継として若葉主宰。主著に俳諧と民
俗学 饗宴の文学。他句集など著書が多い。
    昭和五十九年十月
            大宮北ライオンズクラブ

 070730_001

 070730_009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

妙法庚申塔

自転車で丸ヶ崎を通っていたら、「妙法 庚申塔」と書かれた庚申塔があった。
さいたま市見沼区丸ヶ崎1231番地の道端に草に埋もれて、ほぼ西北西向きに建っている。
高さ67㎝、幅40㎝、厚さは下部で6㎝、上部にゆくほど薄くなっている。
正面には、
      大三十番神
   妙法 庚申塔 
      大月日番神
裏面には、
                  行者大熊慧樹
   昭和十二年八月廿一日
                  施主大熊梁作
とある。日蓮宗系の庚申塔で、三十番神というのは、ここでは法華経を守護する日ごとの神、30の神を意味している。
日蓮宗系のこのような庚申塔は、さいたま市では珍しい。

  070726_023

  070726_029

   070726_030

  070726_031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

石尊燈籠

今年も7月25日に、さいたま市北区土呂町に石尊燈籠が建てられた。
上組燈籠は原市旧道が東北線を越える土呂陸橋南側上り口に、
中組燈籠は産業道路土呂駅入口角に、
下組燈籠は産業道路百体庚申社入口の所に例年と同じように建てられた。
1ヶ月間建てられるが、上組と中組燈籠はそれぞれ笹竹4本が回りに立てられているが、直に枯れてしまうので、見てみようという方は早めに行ったほうがよい。

 070726_005

 070726_007 
        上組燈籠

 070726_011

  070726_016
        中組燈籠

 070726_018
    下組燈籠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

日進三丁目子供夏祭り

「日進三丁目子供夏祭り」のポスターを見たので、行ってみた。

  070627_055

さいたま市北区日進三丁目はかつての西谷村である。
昔7月14日に行われていた天王様の祭りがもとだそうである。
牛頭天王宮が八雲神社と名を変え、日進神社に合祀されたが、石祠は三丁目自治会館の前に移転して残されており、神輿も自治会館に保存されている。
子供夏祭りという形で祭りが続けられていたが、本年は久しぶりに大人の神輿も担がれた。

  070722_011   070722_014
      子供神輿             大人神輿

  070722_005   070722_008
      山 車   

  070722_002
  昔はこの神輿も担いだそうだが、今は担がない。中に獅子頭が入っている。

  070722_003
  この神輿も今は担がない。

  070627_082
   牛頭天王宮石祠(文化十癸酉年六月吉日)

この祭りは今は神社の祭りとしてではなく、地域の祭りとしてやっているようである。
このような祭りもいいと思う。   
   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

黒沼耕地の古代蓮

7月18日のNHKニュースで、春日部市内牧、黒沼耕地の古代蓮の映像を見たので、早速出かけて見てきた。
休耕田に大賀ハスを植えたとのことだが、実に見事であった。
この黒沼耕地は、見沼代用水を菖蒲町の中島から分水した水を利用している。用水が有効活用されているのも確認できてよかった。

 070719_005

 070719_012

  070719_007

  070719_021

  070719_020

  070719_019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

西谷村庚申塔

足立郡西谷村(さいたま市北区日進町3丁目)には、庚申塔が2基ある。

1基は明和元年(1764)の青面金剛像であるが、もう1基は下記のものである。尊像は何であろうか。お教えいただきたい。

 070620076p


 庚申塔
  光背型・浮彫

   日輪・月輪

   〔    〕・頭頂に蛇?・六臂

    合掌・宝輪・弓・三叉鉾・矢

   二鶏

   邪鬼

  三猿

 (光背部右側)

  奉造立庚申供養…

 (光背部左側)

   元禄十四辛巳二月十四日(1701)

 (三猿下部)

   武州足…

   西谷村
   遍□元秀院  ?

   善進浄閑
   
願主九人
 (基礎正面)
   斉藤傳兵衛  ?
   高橋仁兵衛  ?
   斉藤三良兵衛 ?
   高橋久兵衛  ?
   斉藤長兵衛  ?
   遠藤文左衛門 ?
   高橋三郎右衛門?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »