« 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭 | トップページ | 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭追記 »

2007年6月 1日 (金)

掻き揚げ田

大宮台地周辺には泥深い湿地が多数あり、耕地化するのがかなり困難であった。そこで考え出したのが、周囲の土を掻き揚げて耕地化する方法であった。その形状から簀の子とか掻き揚げ田といった。
かつてはあちこちに見られたが、現在は耕地改良が進み、ほとんど見られない。
写真のものは、さいたま市北区今羽町の芝川沿いにわずかにその面影を留めている掻き揚げ耕地である。
  070527_003  070527_002

|

« 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭 | トップページ | 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/15282388

この記事へのトラックバック一覧です: 掻き揚げ田:

« 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭 | トップページ | 金剛寺境内熊野・稲荷社石灯篭追記 »