« 浄職院筆子塔 | トップページ | 浄職院か城職院か »

2007年4月 7日 (土)

初鹿野信興墓石

さいたま市北区土呂町1510 地蔵堂の前に初鹿野信興墓石がある。初鹿野信興は土呂村領主であり、目付、浦賀奉行、江戸北町奉行になった人である。本墓は牛込宝泉寺にあったが、宝泉寺は移転しており、現在どうなっているのか調査していないのでわからない。

苔むしており判読困難であるが、黒須元治氏編『大砂土史談』に和訳がでていたのでこれを参考にし、一部推測して読んでみた。

〔家紋・丸に花菱〕従五位下前河州刺史源朝臣初鹿野信興墓
(右側面)
  其先人王五十六代清和皇帝十代甲陽之守護武田
  太郎義貞也七代奥州太守伊豆信氏三男従五位下
  薩州大守初鹿野公信之嫡孫初鹿野信昌後改昌吉
  仕於信玄勝頼両君功名冠於諸士後仕於
(裏面)
  御當家屢々以有戰功恩賜武陽足立土呂郷以天年終
  然後信吉昌次信次信安信定信彭継之信興者豊
  州刺史依田政次三男也始號又八宝暦十二壬午八月四日
  後廟依台命継初鹿野之家號傳右衛門為小普
  請同八辛卯正月二十三日為御小姓組安永八己亥正月
  十二日在御使番之職仕於布衣天明二壬寅六月十四日
  為御目付之職同七丁未八月二十六日為浦賀奉行之職
  同八戊申九月十日為町奉行之職仕於従五位下河州刺史
(左側面)
  寛政三辛亥十二月二十日行歳四十八歳以病卒葬於(1791)
  東都法泉精舎號儀興院殿仰運源喜大居士
  土呂郷者以累世墳墓之地故家士鈴木儀甚松永
  義知受命以建之矣
(基礎正面)
     鈴木□十良
        諱 儀甚
  家士
     松永孫三良
      諱 義知

*松永孫三郎家(新見家)は初鹿野氏とともに甲州から移転してきたといわれ、代々土呂村の名主をしていた。家士として扱われていたことがわかる。鈴木儀甚とはどのような人であったのか。

  070402052w  070402053w

|

« 浄職院筆子塔 | トップページ | 浄職院か城職院か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/14596169

この記事へのトラックバック一覧です: 初鹿野信興墓石:

« 浄職院筆子塔 | トップページ | 浄職院か城職院か »