« 石橋供養塔 2 | トップページ | 初鹿野信興墓石 »

2007年4月 7日 (土)

浄職院筆子塔

浄職院墓地(さいたま市北区土呂町2-84-1)にある住職墓地には筆子塔が6基あるが、そのうち1基は墓石の右奥肩部が脱落し、左側面は剥落して破片が下に落ちてしまっている。
破片を拾い集め読んでみた。

(正面)        不
  権大僧都法印憲韶和尚生
            位
(右側面)
  文化五戊辰年五月三日(1808)
(左側面)
  施主土呂村
    筆子中
(背面)
  武刕川越三保谷六郷村生
       憲韶俗名新之丞行年
          三十五□


 070406002w_1  070406005w_1

  070406013w_1   070406009_1

このように風化し、脱落・剥落してしまっているものを簡単に補修できる方法はないものであろうか。

|

« 石橋供養塔 2 | トップページ | 初鹿野信興墓石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/14585408

この記事へのトラックバック一覧です: 浄職院筆子塔:

« 石橋供養塔 2 | トップページ | 初鹿野信興墓石 »