« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月 6日 (月)

土呂 小島家長屋門

11月3日、大和田・紅葉丘地区会の見沼散策で、土呂町2丁目の小島家を訪れた。小島(小嶋)家は「おじま」という。土呂村の名主を勤めた家で、代々「平兵衛」と名乗った。

母屋は改築されたが、長屋門は昔のままである。

061101_005

この長屋門の中の向って右側には、高野長英が蛮社の獄(文政8・1825年の異国船打払い令に対する幕政批判への取締り)で永牢中の弘化2年(1845)に、出火に乗じての逃亡中、片柳村の漢方医井上弥十郎の紹介で長英を匿ったという6畳間がある。長英から贈られたというギヤマン皿と洋皿が残されている。

長屋門の向って左側には、明治になってからだが、高野佐三郎(秩父生まれ、埼玉県巡査教習所、埼玉師範学校の武術教授等歴任、剣道発展の為に尽力し、剣聖といわれた)の道場明信館の分館が置かれていた。和十郎が剣に優れ、千葉道場に通っていた関係からであろう。

和十郎は早くから自由民権思想に傾倒。後の衆議院議長・文部大臣大岡育造を土呂学校の教員に推薦し、長英を匿った同じ部屋に住まわせ、近郷の青年達を集め政談会を催した。この政談会には、後の首相清浦圭吾、県会議長大島寛爾、埼玉自由倶楽部の矢部忠右衛門らが参加した。和十郎は肺を患い、志半ば30歳で亡くなった。

和十郎の子が善作(明治9年~昭和12年)である。善作は早くから自由党に加盟し、政治運動に参加。大砂土村助役、村長、県会議員、衆議院議員を歴任した。盆栽村を誘致し、農産業改良にも尽力して、茶、さつま芋、椎茸栽培等を奨励した。書家としても活躍し、「清洲」と号した。各地に善作の書いた碑が残されている。大和田の鷲神社にも2基ある。大宮・倉屋敷稲荷神社の鳥居の神額も善作の書である。

長英、育造が住まい、和十郎が剣を振るい、善作が農業改良に工夫をこらした長屋門をじっと眺めていると、これらの人々の熱い思いが伝わってくるような気がした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

女性の苗字記載の地蔵

さいたま市北区土呂町2-84の阿弥陀堂に、女性の苗字が記載されている地蔵がある。この阿弥陀堂は明治の初めまで、浄職院(城職院)といった、新義真言宗の寺であった。
ここにある、「文政五壬午年十一月廿四日 土呂村中」(1822)建立の地蔵の基礎に、「村講中」として15名の姓名が記載されている。男性6名、女性9名である。
「吉田伊兵衛、同 又兵衛、秋山源左エ門、吉田幸吉、小嶌友蔵、秋山園吉、児嶌なべ、同 しも、田中つや、同 そめ、川嶌とよ、吉田つね、同 その、薄田しち、同 いそ」である。
この男性と女性は夫婦もいるかもしれないが、ほとんどはそうではない。この講は個人の意思で参加しているのか。
この「同」は同じ家の者なのか、ただ苗字が同じだけだったのか。同じ家の者だとするとどういう関係なのか。
この女性の苗字は嫁ぎ先の家の苗字なのか。

いろいろな研究材料を提供してくれる、珍しい地蔵である。

061101023w  061101026w  061101025w_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »