« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月18日 (月)

大和田 下屋敷

 『大宮市史』第3巻上(昭和52年3月)に、「大和田陣屋は、領主伊達氏の中世以来の陣屋があった地に建てられた。…元禄十一年(1698)「林畑御縄入御検地帳写」…にも、「下屋敷山林畑」の記載があるので、江戸時代初期には、在地に下屋敷または陣屋を置き直接支配をしていたものと考えられる。」「下屋敷の存続期間は不明であるが、御林の開発された元禄十一年(1698)以前にすでに廃止されていたことは確実である。」「江戸の上屋敷の存在から…」「伊達氏の場合も江戸と在地に住居をもっていたと考えることもできるのである。」とある。

 しかし、江戸の住居を上屋敷、支配地大和田村に置いた住居?を下屋敷というようなことがあったのであろうか。

 そこで、元禄11年の「林畑御縄入御検地帳写」を調べてみた。

 大宮市文化財調査報告書第4集『浅子家文書目録資料抄録』(昭和47年1月)にこの文書が活字で収録されており、これによると、「□下屋鋪山林畑」が3ヶ所出てくる。この□の字は判読出来なかったためと思われる。

 大宮市文化財調査報告書第24集『大和田村古文書(資料抄録)』(昭和63年3月)にも収録されており、こちらには同じ部分が、「桂下屋鋪山林畑」とされている。□の部分を「桂」と読んだわけである。

 こうみると、大宮市史執筆の資料として使用したこの文書の、最初の□の部分がどういうわけか抜け落ちてしまい、あるいは無視して、2字目からの下屋鋪山林畑から「下屋敷」があったと考えたものと思われる。

 「桂下屋鋪山林畑」が理解できないので、今回、原本を見せていただいた。確かに判読しにくい字であるが、「桂」とは読めない。おそらく「椿」という字であろう。すなわち、「椿下屋鋪山林畑」と読むと思われる。

 こう読むと大きな問題がでてくる。大和田には「椿」という字名があり、大和田の西端の、旧岩槻道、現大和田公園通りの南側をいう。小林氏所蔵の大和田村絵図には「ツバキ下」と記載されたところがあり、その脇に「伊達正左衛門」と記されている。

 すなわち、「椿下屋鋪山林畑」は、「椿下の屋鋪山」が開墾され林畑になった所ということであろう。「下屋敷」は文書の読み違えといっていいかと思う。

 そして、この文書と大和田村絵図を合わせて考えれば、領主伊達氏の屋敷(陣屋)がこの椿下にあったといえる。陣屋は旧岩槻道北側の字名「本村」の土塁に囲まれた一画であるというのが通説になっている。ホームページ「大和田だより-温故知新-」の「大和田陣屋」の項で述べたが、このことに以前から疑問をもっており、陣屋は南側の椿にあったと思っている。この文書はこれを裏付ける資料の一つかと思う。

 なお、この文字を「椿」と読むことに対しては、ぜひご意見をお寄せいただきたい。

  

minumaoowada@yahoo.co.jp

060915008yasiki1w  060915009yasiki2w  060915012yasiki3w

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

見沼代用水

9月3日、古文書仲間6人で、見沼代用水取水口から、井沢弥惣兵衛為永銅像のある見沼自然公園まで見沼代用水関連の主な所を車で訪ねました。


 東大宮駅   出発 9:00

   ↓

 行田市下中条 利根川元圦

   ↓

 行田市小見  星川と合流

   ↓

 騎西町外田ケ谷 騎西領用水路分水

   ↓

 菖蒲町菖蒲  中島用水分水(笠原・黒沼用水)

   ↓

 菖蒲町上大崎 星川と分離(十六間堰、八間堰)

   ↓

 白岡町柴山  元荒川伏越

        常福寺(井沢弥惣兵衛為永墓地)

   ↓

 上尾市瓦葺  綾瀬川掛渡井(現在は伏越)

        西縁と東縁に分流

   

 見沼区東大宮 砂村分水取水口

   ↓

 浦和区大原  天沼ポンプ場

   ↓

 大宮区大原  高沼用水分水

   ↓

 緑区南部領辻 締切橋-加田屋新田分水

        見沼自然公園-井沢弥惣兵衛為永銅像

   ↓

 見沼区片柳  万年寺(井沢弥惣兵衛為永顕彰碑)

   ↓

 大宮駅    解散 16:30


  060903004w  利根大堰からの見沼代用水取水口


  060903006w  060903_005


   騎西領用水分水  各地でこのように分水してゆく。


  060903027w  加田屋川の上を樋で通し、西側の田

             に水を送る。

  060903025w  加田屋新田


  060903024w_1  見沼代用水の工事を指揮した

              井沢弥惣兵衛為永

享保改革の一環として生れた見沼代用水が、今も生きていることがよくわかりました。埼玉県東部・南部のほとんどの地域の水田はこの見沼代用水の恩恵をうけています。さらに、天沼ポンプ場から水道用水として荒川に導入され、それが東京都民、埼玉県民の水道用水にもなっています。このことはあまり知られていないようです。

見沼田圃と見沼代用水関連遺跡を守っていきたいとの思いを強くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »