« 日進・金剛院石幢 | トップページ | 見沼代用水 »

2006年8月24日 (木)

宮原・宗像神社 文明十三年石祠

大宮郷土史研究会の田村氏から、文明十三年の石祠があったよといわれた。行ってみたらまさに文明十三年とある。

さいたま市北区宮原町4丁目13番地、旧道に沿って「天神橋 宗像神社」がある。中央に池(水はない)が掘られ、境内にはきれいに草花が植えられている。左奥に石祠がある。
屋根の部分が破損しているが、寄棟造だったように見える。台石を除いて、高さ35.2㎝、最大幅24.5㎝奥行最大10.5㎝である。正面は高さ21.5㎝、幅13.5㎝の部分が区画されており、そこに、「若宮八幡宮/稲荷大明神」と2行に文字が刻まれている。向って右側面に「文明十三辛丑年/八月十五日」と2行に刻まれている。文明十三年は、西暦1481年である。左側面には、「願主河鍋三右エ門」とある。
この地はかつての足立郡加茂宮村で、河鍋(川鍋)家は現在に続くこの地の有力者である。この石祠がただちに当時のものとはいいきれないが、大変貴重な資料である。

060824001w 天神橋 宗像神社

060824005w  若宮八幡宮/稲荷大明神

060824008w  文明十三辛丑年八月十五日

060824009w  願主河鍋三右エ門

|

« 日進・金剛院石幢 | トップページ | 見沼代用水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/11584959

この記事へのトラックバック一覧です: 宮原・宗像神社 文明十三年石祠:

« 日進・金剛院石幢 | トップページ | 見沼代用水 »