« 船橋通り | トップページ | 東部水利組合導水管 »

2006年5月 5日 (金)

庚申塔

5月4日付けで記載した、船橋通りと国道16号線東大宮バイパス交差点角の「和食処ふなばし」(上尾市原市593)の脇に、1805年に建立された、道標を兼ねた「庚申塔」が立っている。

船橋通りに面し、ほぼ西向きである。木製上屋が作られ、大切に保存されている。

塔身:高さ135.5㎝、幅33.5㎝、厚さ24cm

台座:地上高26㎝、幅60㎝、奥行55㎝

文字

(正面)

           ゑとミち       (江戸道)

      向  左 あふミや 二里     (大宮)

  庚申塔 之

      方  右 かわこへ 三里半        (川越)

           あきは  二里       (秋葉)

(向って右側面) 

         右 いわつき 二里        (岩槻)

           じおんじ 二里半   (慈恩寺)

(向って左側面)

  文化二乙丑年   當所江  九丁          

         左 しやうふ 三里  原市町(菖蒲)

  四月吉日建之   きさゐ  四里     (騎西)

向之方とは、庚申塔を背にしてという意味だろうか。

060504007w   060504008w

|

« 船橋通り | トップページ | 東部水利組合導水管 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/9911590

この記事へのトラックバック一覧です: 庚申塔:

« 船橋通り | トップページ | 東部水利組合導水管 »