« 六一庚申塔 | トップページ | 足立坂東観音第一番 観音寺 »

2006年2月 3日 (金)

足立百不動尊第十番大宮 観音寺

足立百不動尊第十番大宮・観音寺の不動尊と伝えられる不動像が、さいたま市北区日進町2-1003満福寺にある。

大宮・氷川神社別当寺は、明治初年の廃仏毀釈により、破却を余儀なくされた。学頭観音寺住職隆山は、明治元年10月6日に日進・満福寺に退転した。この不動尊もこの時移されたものであろう。扁額もあり、間違いないと思われる。

腕が欠けるなど傷んでいたが、このほど修理がなされ、昔日の風によみがえった。同時に扁額も修理された。不動尊は高さ約44㎝、膝幅40㎝、扁額は長さ74.2㎝、幅37.3㎝、厚さ2.5㎝である。(略測)

     060203304w   060203301w

     051120044w    060203307w

         (修理前)              (修理後)

|

« 六一庚申塔 | トップページ | 足立坂東観音第一番 観音寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/8484885

この記事へのトラックバック一覧です: 足立百不動尊第十番大宮 観音寺:

« 六一庚申塔 | トップページ | 足立坂東観音第一番 観音寺 »