« 砂の地蔵院 | トップページ | 氷川神社例大祭 »

2005年7月29日 (金)

土呂村2

○「村」ってなんだ?

江戸時代の村は何時、どのように形成されたのか。地域によって違うだろうが、関東の村は、家康が関東入ってそれ以前からあった中世の村を再編整備したのだろう。まず村が出来て、その後家臣に知行地を与える過程で、相給といって、2人の支配者によって知行される2給とか、3人によって知行される3給とかに行政単位として分割された村もできた。

○土呂村の場合は以前書いたように、3給であった。それぞれ行政単位としては別個であって、それぞれの知行地がそれぞれの領主によって支配されていた。それぞれの知行地ごとに名主、組頭、百姓代がいた。村請といっても土呂村が請負うのではなく、それぞれの知行地が請負うということ。土呂村の「おらが殿様」というのは知行地ごとに違う。当然それぞれの名主は訴えるところも別になる。

○土呂村の場合は初鹿野河内守支配地を下土呂、初鹿野分家と伏見家の支配地を上土呂といったらしい。これが、上土呂村・下土呂村と二村のように公式文書に出てくることもある。ただし、新編武蔵風土記稿には、「今土人は上土呂・下土呂とニ村の如く分ちいへど、こは私の通称なるべし」とある。

○これらの知行地を組というわけではない。ただ、石尊灯篭が上組・中組・下組と分かれており、行政的違いが講の違いにつながっている可能性はある。これは実際に検証してみればすぐわかることだが。

○土呂村をややこしくしているのは見沼新田・寿能原新田ができて天領になったこと。これで土呂村は3給地と天領とになった。寿能原新田については私はよくわからないので見沼新田についていえば、ここには人は住んでいない。耕作するものはいる。おそらく、3給地だったのでこの新田を3つにわけ、それを組といいそれぞれの名主に天領の名主も兼務させた。それぞれの名主の組はそれぞれの知行地の者が耕作していることが多かったが、以前書いたように中には3つの組の土地を耕作している者もいれば他村の者もいる。この名主の天領部分に関する主たる仕事はそれぞれの組の年貢を請け負って幕府に納入すること。

従って従来の知行地については以前のようにそれぞれの領主の支配を受け、それとは別に新たに天領の部分が加わったということ。

○なお、蔵前取りというのは、これらの知行地を持たない者で、幕府の場合天領から入った米を俸禄として幕府から直接貰う。

○それでは村ってなんだ、土呂村は3つの村が集まったのと同じなのか、というとこれが違うのだろう。もしかしたら共同体としては一つの村だったのかもしれない。あるいは上土呂・下土呂と二つの共同体の意識だったのかもしれない。これらについては3名主家の文書や神社の文書をつき合わせないとわからない。

|

« 砂の地蔵院 | トップページ | 氷川神社例大祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122952/5209315

この記事へのトラックバック一覧です: 土呂村2:

« 砂の地蔵院 | トップページ | 氷川神社例大祭 »